ドラマ『Chef〜三ツ星の給食〜』に出演中の小泉孝太郎 撮影/伊藤和幸

悪役を演じるうえでは最高のホメ言葉

「ショックを受けるのは確かなんですけど、また嫌われたいです!(笑)」

 新ドラマ『Chef〜三ツ星の給食〜』で、小泉孝太郎が『下町ロケット』以来となる“悪役”に。

「今回は、悪役というかヒール役ですね。『下町〜』のときは、自分の想像をはるかに超える反響をいただきました。街中でも“本当は嫌なヤツなんですね”とか“(阿部寛演じる)佃さんをいじめないでください”って声をかけられたり(笑)。でもそれって、悪役を演じるうえでは最高のホメ言葉だなって思いました。今回も(主演の)天海さんファンに嫌われるように頑張ります!」

 ドラマは、ワケあって超一流の三ツ星レストランをクビになった天才女性シェフ(天海祐希)が、テレビ番組の企画で“学校給食”を手がけるというストーリー。給食の思い出って、ある?

「僕、残念ながら人生で給食の経験が1度もないんです。大人になって給食の話題が出たりして、みんなが揚げパンやソフト麺がおいしかったと話しているのを聞いて、いいなって。小学校はお弁当で、中・高校時代は食堂でした。食堂では好きなメニューが選べるんですが、しょうが焼きが特にお気に入りで、しょっちゅう食べてましたね。ちょっと味が濃いのがいいんです(笑)」

ぜひ作ってほしいレシピがあるんです

 女性には何を作ってもらいたいですか? 例えば、肉じゃがとか?

「出た、肉じゃが! いつもアンケートで肉じゃがって上位にきますけど、(男性カメラマンに向かって)そんなに求めないですよね!? 僕だったら肉じゃがより筑前煮がいいな(笑)。あとハンバーグとかコロッケとか、せっかくなら好きな人の手でこねたりしたもの! そうだ、シンプルにおにぎりとかいいですね。僕、朝におにぎりを作ってほしいです」

 読者の方にも、ぜひ作ってほしいレシピがあるんですって?

「鍋に鶏肉とネギやブロッコリーなどの野菜、そして、きのこを入れるんです。それに純米酒を加えるだけ。味つけが足りなかったら塩を加えてもいいです。僕は無水鍋で作ってるんですが、これがバツグンにおいしくて。身体にも優しいし簡単! よく作りますし、行きつけのお店でもよくリクエストします」