撮影/齋藤周造

 日本の第一次産業を応援する映画シリーズの第3弾『種まく旅人~夢のつぎ木~』(岡山県先行公開中、11月5日[土]全国ロードショー)に主演する高梨臨。

 兄の病をきっかけに女優の夢をあきらめて東京から故郷の岡山県赤磐市に戻り、実家の桃農家を継ぎながら市役所の職員としても働くヒロイン・片岡彩音を演じる。

「白桃は紙袋に包んで、日の光で赤くならないようにするんですけど、甘みとみずみずしさがすごいあって。今まで食べたことのない、衝撃のおいしさでした!」

 撮影は赤磐市と岡山市で3週間にわたって行われたという。近隣のおばあさんや子どもたち、市役所の職員役も現地の方々がエキストラとして参加していたりと、まさに町ぐるみでの撮影だった。

「毎日、岡山の空気を吸って、周りの人たちともコミュニケーションをとって。いろんな方が話しかけてくれて、自然と温かい気持ちになれる環境を監督が作ってくれたんだなと思います」

 これまで『半落ち』や『ツレがうつになりまして。』などの作品を手がけ、ヒューマンドラマを得意とする佐々部清監督ならではの温かい現場だったようだ。