大腸がんのため亡くなった世界的ピアニストの中村紘子さん

 今年7月、大腸がんのため亡くなった世界的ピアニストの中村紘子さん。2年前の手術では、がんがすべて取りきれなかったそう。ステージ2と公表し、闘病しながら演奏活動を続けていた。腹膜への転移が余命を短くしたのでは、ともいわれている。

「大腸がんは、ほかのがんに比べて進行が遅く、切除もしやすい。タチはいいがんです。ただし、転移してしまうと、完治は難しくなります」

 と、新宿大腸クリニックの後藤利夫先生は話す。大腸がんとは、大腸の粘膜にできるがん。

「以前の日本人は直腸やS状結腸など、大腸の中でも肛門に近い場所にがんができていたのですが、最近は欧米人のように、大腸の奥にもできるようになってきました

 女性のがんによる死亡者数1位は、大腸がん。男性は3位で、'60年代ごろから急激に増えたという。

「食生活が欧米化したためです。大腸がんは、脂肪が多く、食物繊維が少ない食事に高いリスクがあるとされています。米、魚、野菜中心の和食を食べていた時代、大腸がんは少なかったんです。ゆえに、遺伝要素よりも食生活習慣の影響が大きいと考えられます」