今年7月に胃がんで亡くなった司会者の大橋巨泉さん

 今年7月に亡くなった司会者の大橋巨泉さん。'05年に胃がんがステージ2で見つかり、のちに転移。昨年まではテレビ出演やコラム寄稿もしていたが、10年あまりの闘病生活の末、力尽きた。

 胃がんは、日本人がかかるがんとしては男性1位、女性3位と非常に多い。年に5万人近くが亡くなっている。

「胃がんは、胃の粘膜から発症するがんです。以前は塩分のとりすぎや喫煙が原因とされていましたが、最大の要因は(ヘリコバクター・)ピロリ菌です

 と、新宿大腸クリニックの後藤利夫先生。ピロリ菌は胃の中にすみついて、胃の粘膜にダメージを与える細菌。胃がんにかかる人のほとんどが感染しているという。

「衛生状態が悪かった時代に、井戸水などから感染していました。60代以上の8割がピロリ菌を持っているといわれています」

 ピロリ菌の感染は免疫力の弱い、5歳以下の幼児期まで。大人になってからはほぼ感染しない。さらに'13年2月からピロリ菌の除菌治療に健康保険が適用されるようになったため、今後、胃がんが減少していくのは確実と見られている。