平幹二朗さんの遺影
シェークスピア劇やギリシャ悲劇など舞台を中心に活躍し、多くの映画やドラマにも出演。生前「引退という文字は僕の中にはない」と話していたように、亡くなる直前までドラマにも出演していた平幹二朗さん。プライベートでは自宅周辺のお店で買い物をする姿がよく目撃されていて、地元でも愛されていたという。当然、突然の訃報に涙する住民も多く―。

「ありがとう。お疲れさま」

 10月28日に営まれた平幹二朗さんの告別式には北大路欣也をはじめ三田佳子、富司純子、渡辺謙・南果歩夫妻など芸能界の大御所や現在放送中の“月9”で共演していた山田涼介など600人を超える弔問客が訪れた。

 前日の通夜では佐久間良子が涙を浮かべながら遺影に向かって、冒頭のように語りかけた。'84年に離婚した元妻で'04年に舞台で共演して以来、12年間会っていなかった。

「ドラマの共演で知り合ったふたりは、'70年に結婚して'74年に男女の双子が生まれます。男の子のほうは、俳優の平岳大です。今年7月に結婚した彼は12月に披露宴を行う予定だったので、久々に親子が顔を合わせるはずだったんです」(スポーツ紙記者)

 過去に肺がんで手術を受けたこともあるが、転移もなく健康状態は良好だった。今クールの月9ドラマ『カインとアベル』(フジテレビ系)にも出演するなど直前まで元気だっただけに、突然の死に衝撃が広がった。