人気シリーズに“恋ダンス”や女優競演などで、上々の滑り出しをした秋ドラマ。意外と豊作!? と思いきや、そんなことはまったくなし。その中身を超辛口コラムニスト・今井舞が一刀両断!

評価できるのは『ドクターX』『逃げ恥』『校閲ガール』

「米倉涼子の『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系・木曜21:00)は、どうやったらみんなが食いつくか、何を盛り込めばいいのかのレシピがあって、それをちゃんとわかって作っている。おっさんばかりだった悪役に今回は泉ピン子を参入させ、それを米倉がバサッと斬るという爽快感を提供してくれてます。

『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系・火曜22:00)は、ひとりが好きな男の思考回路が納得できるキャラクターになっていて、しかも演じている星野源がハマり役。ちょっと変わったキャラの新垣結衣もいいし、エピソードもリアル。

 最近のドラマは、突拍子もない性格や職業の人が出てきて、思いもよらない出来事が起こり、バタバタと進んでいく展開が多いけど、これは“契約結婚”という非日常を描きつつ、等身大で感情移入できるような展開になっている。こうやって面白い話を地味にコツコツ作ってくれたら、みんな見るんですよ。このドラマは爆発的ヒットにはならないかもしれないけど、今後もじわじわと見る人が増えるはずです。

『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系・水曜22:00)は、校閲はあんなことしないとか文句言っている人がいますけど、もう1度、冷静にタイトルを声に出してみたら、これは職業モノじゃなく、石原さとみが可愛い服を着て、菅田将暉といちゃつく話だってことがわかるはず。北川景子の『家売るオンナ』と同じで、仕事を謳いながらも内容にリアルがないのは織り込みずみの枠なんです」

今期のベストドラマはこの3人の主演作から?

自分はモノマネされるのが嫌いなのに

 視聴率はいいが“問題”というのが『IQ246〜華麗なる事件簿〜』(TBS系・日曜21:00)。