体調不良、あなたはどのように受け止めますか
『わたしが神さまから聞いたお金の話をしてもいいですか?』『神さまのお告げで教わった! 井内由佳のしあわせスパイラル』などの著書がベストセラーとなった井内由佳。そんな彼女は、1989年のある日、神さまのお告げが降りる。それ以降、神さまのお告げで教わった「幸せになるための考え方」を伝え続けているという。隔週で連載している『神さまの幸福論』では、井内先生に寄せられた人生相談と、その回答をお見せします。今回は、ずっと耳鳴りがするという方からのご相談です。体調がずっと優れないでいると、「これは何かのサイン?」と思うときがあります。どんな意味があるのか、井内先生に答えていただきました。

Q:2年くらい耳鳴りがしていますが、これは、人の言われたことに対しての受け取りかたを改めなさいということなんでしょうか? 最初は蚊が鳴くくらいだったのが、今は金属音がキーンとなってます。耳が聞こえなくなるといけないと最近思うようになり、耳鼻科に行き始めました。漢方薬をもらったけど、あまり変わりません。もし、神様のサインなのであれば教えてほしいです。

井内先生からの回答

A:身体に不調があるとき、わたしたちはつい物理的な原因を探ろうとしますよね。

 例えば糖尿病になるのは、美食が過ぎるからとか、肝臓が悪くなるのは、お酒を飲み過ぎるから、肺が悪くなるのはタバコを吸うからとか。

 でも、あなたの周りにもいませんか? タバコを吸ってないのに、肺の悪い人、美食家だとは思えないのに糖尿病の人、お酒を飲まないのに肝臓の悪い人。

 そうなんです。生活習慣だけで病気が決まるのではなく、やっぱりその人の考え方や生き方が身体に大きな影響を及ぼすのです。つまり「こころと身体は繋がっている」ということです。

 だけど、大きな病気をする前に、神さまはその人にサインを送ります。それが身体の不調です。例えば、腰が痛い、頭痛がする、ちょっとした怪我、などなどです。

 神さまがわたしたちにサインを送ってくださるのは「一度立ち止まって考えなさい。いまの考え方ではいけませんよ」とおっしゃりたいからなのです。そしてそのサインは数回ありますが、それで気づくことができなければ、病気へと進行していくことになるのです。

 あなたの「耳鳴り」も、神さまからのサインです。