バラエティー番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』で人気になった、テレビ東京の狩野恵里アナウンサーが、新番組『ゆうがたサテライト』で報道キャスターに初挑戦する。今夏には結婚して、公私ともに大きな節目を迎えた。新たな環境で仕事と家庭の両立は? 目指すキャスター像とは? 本音を直撃インタビュー!

報道キャスター抜擢にさまぁ〜ず「テレ東大丈夫か?」

テレビ東京の狩野恵里アナウンサー 撮影/竹内摩耶

「入社当時は、社会人になったら泣いちゃダメ、仕事場で泣いたら甘えになると思っていたのですが、すでに崩壊していますね(笑)。でも、これからは涙腺をカットして臨みます

 そう宣言するのは、テレビ東京の狩野恵里アナウンサー。

 人気バラエティー『モヤモヤさまぁ〜ず2』(日曜夜6時30分〜)で、3年半担当した2代目アシスタントを“号泣”卒業。11月7日スタートの経済ニュース『ゆうがたサテライト』(月〜金曜夕方4時54分〜)で、報道キャスターに初挑戦する。

 “モヤさま”では、馬車と競走したり、砂丘を走らされたり、ムチャぶりにも体当たり。毎回登場する食事では、好物の丼物を大口でほおばる。さまぁ〜ずからは、ときに言動を「雑」とアキレられることもあったが、卒業の際には、2人から「3年半、楽しかった」とのメッセージに大泣きした。

 番組をきっかけに「好きな女性アナウンサー」調査で上位にランクインするようになった。人気アナウンサーの1人に成長し、新番組の顔に起用されるのも当然のように思えるが……。

「最初に聞いたときは“えっ、私でいいんでしょうか?”と驚きました。私だけでなく、モヤさまのスタッフ、さまぁ〜ずさんも“マジ? ウソだろ、テレ東大丈夫か?”と心配されて(笑)。無理もないと思います。3年半、あらゆることに挑戦させてもらいましたが、報道キャスターとはかけ離れていたことばかりでしたから。でも、3年半のモヤさまでの私を見ていて、報道キャスターに指名してくださったテレビ東京は懐が深いな、と思いました。

 何かいままでとは違うことにチャレンジしたいと、会社も思ったのかなと、前向きにとらえて、常識を覆すような報道番組が作れたらいいなという野望はあります」

 平日夕方の各局ニュース番組のメインキャスターは男性アナウンサーが務めており、“紅一点”として参入する。

「アナウンサーとして先輩の方々がやっている時間帯で、女性だからというのではなく、私は勉強させていただくという立場です。同じ土俵に上がらせてもらって恐縮ですが、上がったからには全力でいきたいと思います」