土屋太鳳 撮影/森田晃博

「キラキラしているのかな(笑)」

 今年のクリスマスに“男性が最もジュエリーをプレゼントしたい女性”に贈られる『第2回 クリスマスジュエリープリンセス賞』女優部門を受賞した土屋太鳳。キラキラと輝く秘訣を聞いたところ、飛び出したのが冒頭の言葉。そして、こう続けた。

「輝くためには、目の前のことを一生懸命、頑張ることだと思います」

 そんな彼女の一生懸命さを証明したのが、先日放送された『オールスター感謝祭』(TBS系)内の企画『赤坂5丁目ミニマラソン』。

 リオ五輪2冠のモハメド・ファラー選手や、運動自慢タレントに交じって参加。そして失神寸前まで激走し、女性トップでゴールイン。息を切らしながら懸命に出演中のドラマ『IQ246 華麗なる事件簿』の番宣までする根性を見せたのだ。そんな懸命な姿に、共演者は涙を流し、ネット上でも称賛の声が相次いだ。

「モデルさんとかはご本人がキラキラしているけど、私はお芝居を頑張っていただいた賞だと思っています。これからも、お芝居の中で輝けるように頑張ります」