東国原英夫(左)と三原じゅん子(右)
早ければこの12月に婚姻届を出すことを自身のブログにて発表した三原じゅん子参議院議員。24歳年下の男性、交際2か月、自身3度目の結婚とあって、その注目度は高く、10月31日放送の『バイキング』(フジテレビ系)においてもとりあげられた。そのなかで東国原英夫氏は、少子化対策をしている国会議員という立場を鑑みれば、自らの恋愛を優先させるのではなく、若い男性に出産適齢期の女性を紹介するのが筋なのではないかという旨の意見を発したが、この発言が議論を巻き起こすことに。同番組に出演していたフィフィは、本番中に言い尽くせなかった自らの意見を述べる。

性に対する教育の必要性

 東国原さんの発言に小島慶子さんは感情的になっていたけど、なにも東国原さんの意見は珍しくはないんじゃないかな。『バイキング』における、今回の議論は面白いなと思いました。

 匿名のネットの世界ではよく聞く意見だし、“子どもを産むことに関してリスクの高い、年上の女性と結婚をする”ということに否定的な意識が未だに世間に蔓延しているのは事実。

 だからこそ女性は、そういう意識がまだ残っているのだということを受け止め、なぜ残っているのかという原因について、時間をかけて冷静に議論していくべきだと思うんです。頭ごなしに否定して、この問題に蓋をしてしまうのではなく。

 では、何が原因なのか。そのひとつに私は、教育があると思う。