福田こうへい

「スケールの大きな歌。この歌で紅白に出て、お待たせしたみなさんに恩返ししたい」

 11月3日、宮城県名取市で無料チャリティーライブを開催した福田こうへいが、1500人を超える観客を前に『紅白歌合戦』への強い思いを口にした。

「'12 年リリースの『南部蝉しぐれ』がスマッシュヒット。

 '13 年に紅白歌合戦に初出場してから2年連続で出ていましたが、昨年は落選。というのも、前事務所との独立騒動が起きてしまい、その影響が大きいと言われています」(スポーツ紙記者)

 独立により損害をこうむったとして、'14 年まで彼が所属していた事務所が1億100万円の賠償を求めて提訴。

 民事裁判は約1年半に及んだが、今年6月に和解が成立している。そこからは再び追い風が吹いてきたようで、

今年8月に、2年5か月ぶりにリリースした新曲『北の出世船』は9万枚を超える大ヒット。演歌界では異例の売り上げといえます。そこで今年は再びという気持ちが強い」(前出・スポーツ紙記者)

 そんな絶好調の福田を陰で支える女性がいる。