映画『聖の青春』に出演する東出昌大 撮影/高梨俊浩

「最近、母に“顔が変わった”って言われたんです。僕自身としては顔も中身も変わってないと思っていて、それが誇りでもあったんです。でも“いいんじゃないの。しっかりしてきたんじゃない”って。“覚悟”みたいなものがちょっとずつ表に出てきたのかなと、うれしく思いました」

 昨年1月に女優・杏と結婚し、今年の春には双子のパパとなった東出昌大。

「やっぱうちの子はかわいいと思います(笑)。どこの親御さんとも同じ気持ちです!」と時折、パパの顔を見せる東出だが、父親として役者として彼は変わったのか――。

 東出が今回、心新たに“覚悟”して挑んだというのが映画『聖の青春』。

 29歳という若さでこの世を去った天才棋士・村山聖(松山ケンイチ)の生涯を描いた作品で、東出はライバルで同志でもある若き名人・羽生善治を演じている。今なお棋界のトップで活躍する実在の人物という難しい役どころでありながら“どうしてもやりたい、自分以外の人にやってほしくない”と熱望したそう。

「羽生さんって“人間国宝”みたいな方なんです。将棋界の人たちは、同じ時代に生きれているっていうのを誇りに思っているほど。要は“神”だと。そんな羽生さんになりきるため研究を重ねました。将棋の指し方ひとつをとっても、プロ棋士の方たちはみんな“羽生さんの指し手は優雅だ”と言うんです。映像を見たり周りの方のお話を聞いたり、ご本人にもお会いして、動きやクセなどを取り入れていきました」