ベルギー国王夫妻主催コンサートで、雅子さま(左端)は洋装だったが、秋篠宮家は和装。高円宮妃久子さまと長女・承子さまは洋服だったが、三女・絢子さま(右端)はお着物だった(10月13日)

 この11月1日に予定されていた秋の園遊会は三笠宮さまの薨去もあり、中止になった。しかし、今回の園遊会は皇太子妃雅子さまが和服を着る『和装』ということで、そのご参加に関心が集まっていた。

 園遊会での女性皇族の「ドレス・コード」は、事前に皇后美智子さまがお決めになることになっているようだ。最近では皇后美智子さまが、「洋・洋」の次は「和・和」、その次は「洋・洋」とローテーションを決められていて、この秋と来春は「和装」となっていたのだ。もし雅子さまが「和装」で参加されれば13年ぶりの出来事となるはずだった。

「13年前の秋といえば、愛子さまが2歳のお誕生日を迎える前でした。

 雅子さまが長期療養を発表される直前だったので、今から振り返ると、最後の力を振り絞って、和装で参列されていたのだと思います」(当時を知る記者)

 雅子さまはご負担を考慮して、この2回は園遊会を途中でご退席。春には、ご歓談中の両陛下に挨拶をしてから退席される場面も見られた。