メラニア夫人のキスにニヤケ顔。唇をとがらせ、少し寄せているのがキモい

 第45代の米大統領に決まった不動産王ドナルド・トランプ氏(70=共和党)。安倍晋三首相(62)は早く首脳会談できることに満足げで、日米関係はすでにトランプ氏のペース。

「あなたの勝利はアメリカン・ドリームだ」

 トランプ氏に電話をかけた安倍晋三首相は、いきなりヨイショしてみせたという。氏はよほどうれしかったとみえて、

「安倍首相の功績を高く評価している。いろいろアドバイスしてほしい」

 と謙虚な発言を繰り返したらしい。約20分の電話会談はいい雰囲気で終わった。

 来年1月の正式就任を待たず、安倍首相は17日にもNYを訪問し、異例の早さで“日米首脳会談”にこぎつける見通しとなっている。

 しかし、これでめでたし、めでたし─とはならないだろう。全米各地で「トランプを認めない!」「トランプは私たちの大統領ではない!」などと抗議デモが続いており、怒りや虚脱感がごちゃまぜになっている。米国内の情勢は不安定で、日本にかまっている余裕などないはずだ。

「これをアメリカン・ドリームと呼んだら米国民が怒りますよ。言いたい放題のトランプ氏は非常に危険な人物です。州知事や議員の政治経験が全くないのに、最高権力を身につけてしまった。

 成金らしい人生観が色濃く出ていて、大国のトップリーダーとしては資質に欠けます。親米派の安倍首相は早く良好な関係を築きたいんでしょうが、焦りすぎてトランプ氏に首根っこをつかまれるのではないかと心配です」

 と政治評論家の浅川博忠氏は話す。