世間をにぎわせた“ゴーストライター騒動”、その主役のひとりとして一躍有名になった音楽家の新垣隆。彼にとってソロ名義では初めてとなるアルバムが発売される。騒動から2年半たった今、佐村河内氏、今後の活動について、自身の恋愛、そして不倫について……ゴーストではなく、本人の口で語った——。

音楽家・新垣隆 撮影/和田咲子

「あの騒動があった後、もう自分の音楽家としての活動は“終わった……”と思ったんです。でも周りの多くの方々の応援で、また音楽家としての活動ができるようになりました。支えてくれたみなさんの気持ちに、音楽で応えることができたと思っています」

 11月16日に、メジャーレーベルからは初めてとなるソロ名義のアルバムが発売される音楽家の新垣隆。アルバムは、クラシックの名門レーベルから、日本だけでなく世界に配信されるという。

私も含め日本のクラシックファンは、『デッカ』というレーベルでクラシックを知ったという人が多いんです。たくさんの名盤を出してきた非常に老舗で名門です。そんなところから私の作品が出てしまう……。もう“ほんまデッカ?”っていう……。スミマセン(苦笑)。いや、本当にすごいレーベルなんです」

 アルバムには、新垣がゴーストライターとして佐村河内守氏に提供し、10万枚のヒットとなった曲『HIROSHIMA』を基に作られた『連祷』も収録されている。

「『HIROSHIMA』は、騒動によって、多くの方に聴いていただきました。しかし、改めて自分の名義で、自分の意思によって“広島”を音楽で描きたいと思いました。どういう形で作品にしたらよいか長い間考えていたのですが、広島県の市民オーケストラの方から記念演奏会のお話をいただいて、それをきっかけに改めて曲が生まれました」

 18年に及んだという佐村河内氏のゴーストライター生活。'14年に新垣は音楽人生が終わる覚悟でそれを公表した。所属していた音楽大学には辞意を伝えていたが、学生たちの署名により白紙となった(後に正式に退職)。“もし、いま改めてきちんとした形で佐村河内氏からオファーがあったら?”というちょっと意地悪な質問をすると、

「そうですね……。もしあったら……。考えておきますと(苦笑)。前向きというよりは、多少後ろ向き……ちょっと後ろ向きですかね。騒動を起こした私たちは、ちゃんと謝って、きちんとした形で2人が再出発するべきだとずっと思っています」

 そんな佐村河内氏は、謝るどころか現在、新垣から提供された曲の著作権を主張し、音楽に関する著作権管理団体である『JASRAC』を相手取り、提訴している。

「自分は佐村河内さんからの依頼を引き受けて、彼から報酬をもらい、曲を渡しました。あのとき書いた曲は彼のものですので、もう自由に使ってください、と思っています。それは公表したときから変わっていません。いま現在のやりとりは、僕としては知ったこっちゃないというか……(苦笑)」