『ジムノ ペディに乱れる』で主演を務めた板尾創路 撮影/吉岡竜紀

 日活ロマンポルノ作品『ジムノ ペディに乱れる』で主演を務めた板尾創路。

「僕が思春期だったころは裸を見るにはポルノ映画ぐらいしかなかったので、何駅も先の映画館に行って見ていましたね。だからオファーをいただいたときはうれしかったです」

 4年前、映画『私の奴隷になりなさい』では、あの壇蜜と激しいカラミも演じているだけに、躊躇はなかったという。

「立場的に出たくても出られない人もいると思いますけど、僕は特にそんなNGとかはないので」

 今回の出演にあたり、身体づくりなど準備したことは?

「僕がセクシーに見せる必要もないので、特になかったです。年相応の役だったし、だらしない部分はだらしないままでいいかって」

 撮りたい映画が撮れず、自暴自棄になってしまう映画監督をリアルに演じている。

「監督やそのスタッフが映画業界を描いているから、誇張しすぎず自然と深みは出た気がします」

 カッコいいわけではないが、なぜか女性にモテモテな主人公だが、男性から見てモテる理由はどこだと思います?

「小汚い犬っぽいところですかね。お腹が減っていそうだから、餌をあげたくなるみたいな(笑)。こういう人はモテますよね」

 劇中ではさまざまな女性たちと肌を重ねている。

「AVは本気にならないとダメだと思うけど、映画だと何テイクも撮影するから、濡れ場のシーンは感情移入が難しくて、そんな気分にはならなかったです。いろんなことを考えながら撮影をするし、前張りもしているから逆にアソコは縮こまりました(笑)」