若く見られたいけど、なんかヘン!?

 女優・小泉今日子さんと社会学者・上野千鶴子さんが女性誌で対談し、「アンチエイジングという言葉が大嫌い」と盛り上がったことが話題に。シワやたるみを気にするアラフォー、アラフィフの女性たちは「そうだよね!」とうれしくなった一方で、キョンキョンみたいにきれいじゃないし、上野先生みたいに潔くなれないしと、心にすき間風が吹いた人も多い。

 20〜60代の女性が対象の『週刊女性』のアンケートでは、約66%がアンチエイジング肯定派で、キョンキョン&上野先生のようなアンチ・アンチエイジング派は少数。「年齢より少しでも若く見られたい」「できる範囲で努力している」という声が中心だ。最も頑張るポイントは体形、髪型、おしゃれがトップ3で「不自然に若く見せるのはイヤ」「人工的な美しさは気持ち悪い」と、過剰なケアにも抵抗があるよう。

 なにしろ日本は「美魔女」「劣化」という言葉が飛び交い、“若くなければオンナじゃない”という決めつけがまかり通っている社会。

 もう少し自然に年を重ねることが受け入れられて、そんな女性の魅力が認められるようになれば、アンチエイジング派の女性の意識も変わってくるはず。だって、誰でも年をとるのは当たり前。女性だからとシワやシミに落ち込んで、大騒ぎしなくてはいけないなんて、なんだかヘン!?

やるべきことが道半ば、年齢なんて気にならない

桂由美さん 撮影/竹内摩耶

 この秋、20〜70代までの女性がモデルにエントリーするコンテスト『ジャパンウイメンズコレクション』が開催される。各世代がそれぞれの美しさを競うという内容が画期的だ。

 その特別審査員を務めるのが、ブライダルファッションデザイナーの第一人者として活躍する桂由美さん。50年にわたり日本女性の持つ美しさを引き出してきた桂さんは、若さへの信仰が根強い現状をどう感じているのか。

日本人は年齢を気にしすぎです。新聞や雑誌に載ると必ず年齢も書かれるでしょう。ファッションショーを開いたという話題に、なぜ年が必要なのかしら。海外ではありえません。デザイナーとして年齢を明かすのはよいことではないし、私の場合は若いお客様が多くて、みなさんと話していると自分が何歳かなど気にしていられません」

 そんな桂さんは最近、新聞の“人生経験が豊富な人物を取り上げる連載”の取材にこう答えたという。

連載のタイトルが『人生は夕方から楽しくなる』。私は今が夕方どころか、まだ道半ばでやるべきことがたくさんあって、真っ昼間だと思っている。そう伝えたら、それが見出しになりました