日本人の“若さ信仰”は根深い。ちょっと老いが顔に出ようものなら「劣化した」とささやかれ、若見えの女優やタレントは「奇跡の○歳!」と称えられる。そのくせ、若くあろうと努力をすれば、「美魔女とか、イタイよね〜!」と手キビシイ……。われわれ中年世代のエイジング、一体ど〜したらいいの!?

アンチエイジングは健康のために

横森理香さん 撮影/竹内摩耶

 アンチエイジングはできるだけ早く始めるべき、と話すのは新刊『人生を踊るように生きて行こう』が好評な横森理香さん(53)。

アラフィフ世代のアンチエイジングは健康が最大の目的。若いころの“アンチエイジング=若さ&きれいをキープ”という方程式は成り立ちません。きれいはおまけとしてついてくるぐらいに考えましょう

 ダイエットについても同じことがいえるという。

「アンチエイジングのための多くのダイエットは、アラフィフ世代の身体に負担をかけます。食べないダイエットは、栄養不足により健康を害するだけでなく、見た目もそれこそ“おばさん”くさくなるのは目に見えています。これではアンチエイジングできるどころか、老化を加速させてしまい、本末転倒。これから先の人生を元気にイキイキと過ごすためのメンテナンスだと、まずは意識を変えることから始めて」

 エステに行くこともあるという横森さんが、多くのエステティシャンに“50代とは思えない!”と絶賛されるのがツルツルの肌。その秘訣は?

「早寝早起きのおかげだと思います。これは想像以上に効果的です。私も30代中ごろまでは昼夜逆転の生活。“昼日中に物書き稼業ができるわけない!”と思っていました。

 しかし、子宮筋腫を開腹手術せず治癒させ、不妊治療なしに子どもが欲しいという夢がありました。当然、長年の昼夜逆転生活がたたって、身体は即対応というわけにはいかず、無理なく早寝早起きができるようになるまでには約半年かかりました。時差ボケを解消させるときのように、30分ずつ寝る時間を早めていく方法で習慣づけることができました。

 ご存じのように夜10時から夜中の2時まで熟睡すると若返りのホルモンといわれる成長ホルモンがよく出ます。これが肌のハリとツヤをキープできている要因のひとつだと思うのです