市川崑監督の名作をバカリズム脚本でコミカルに描いた不倫ドラマ『黒い十人の女』(読売テレビ・日本テレビ系 木曜夜11時59分~)。船越英一郎扮するドラマプロデューサーの男をめぐって10人の女たちが繰り広げる愛憎劇がいよいよクライマックス。共闘した女たちの計画、モテ男の末路は?

やさしいだけが取り柄のモテ男が、結束した10人の女たちの逆襲にあう!? (C)読売テレビ

市川崑監督の同名映画では船越の父・英二(故人)が主演

 ドラマプロデューサーの風松吉には、妻以外に9人もの愛人がいた! ユニークな不倫劇が話題だ。

 1961年に市川崑監督の同名映画を、バカリズム脚本で現代風にリメイク。10股男の風を演じるのは、船越英一郎。映画では船越の父・英二(故人)が演じていた。

「中途半端に原作をなぞるのではなく、全く新しいものとして生まれ変わらせようという意図が強くありました。原作サイド(崑プロ)からも“思い切りやってほしい”と言っていただきました。設定と大枠は保持しつつ、“おもしろい”ことを最優先に物語を作っていきました

 と、汐口武史プロデューサー。

 今年は、有名人の“不倫”が取りざたされ、注目を集めた。

「個人的には不倫が社会問題という表現自体、コミカルだと思うんです。個人的な問題でしかない不倫が、社会問題であるかのように扱われているのが、2016年の滑稽なところだったのではないでしょうか」(汐口P、以下同)

 不倫ドラマにありがちな“ドロドロ”を笑いに変えたおもしろさに重点を置いた脚本は、掛け合いや会話のモノローグが、笑いを誘うだけでなく、不倫をする女性の本音もズバリと描かれている。

「バカリズムさんは“周囲に取材しようにも、不倫している人は名乗り出てこないから”と、嘆いていましたが、キャストのみなさんが、“バカリズムさんは何でこんなに女心がわかるの?”と驚いていたのは印象的でした。

 ちなみに、バカリズムさんからすると“男はみんな(女心を)わかってわからないふりをしているのに……”ということだそうです」