千葉大医学部
師走も押し迫る今日このごろ。まだまだ“師”から学ばなければならないであろう学生たちによる、わいせつやレイプといった性犯罪が相次いでいる。目立つのが、いわゆる“高学歴”“エリート”と言われる有名大学の学生たちによる集団暴行事件。なぜ、いま彼らは“集団”で人を犯すのか。なぜそれは増えているのか─。

「レイプする人は、まだ正常に近いんじゃないか。元気があるからいい」

 自民党のある議員が失言したのは'03 年のこと。同年、社会に大きな影響を与えた早稲田大学のサークル『スーパーフリー』による集団強姦事件を指しての言葉だった。14人もの学生が準強姦罪で起訴され、集団強姦罪の創設にもつながった忌まわしい大事件から13年。また大学生の集団による性犯罪が相次いでいる。

こういう事件が多いから、彼女ひとりで男がいる飲み会に行かせるのは本当にイヤ。束縛みたいでよくないと思うけど、こうも続くと彼女がしっかりしていても危ないんじゃないかって

 そう話すのは、千葉大学に通う20歳の男子学生。

 11月21日、同大学医学部5年生の男3人が、飲み会に参加していた20代の女性を乱暴したとして集団強姦致傷容疑で逮捕された。

「男子学生3人は、居酒屋のトイレに女性を連れ込んでわいせつな行為に及んだうえ、泥酔した女性を自宅に連れ込み、強引に行為に及んだそうです」(全国紙社会部記者)

 医学部の学生たちに話を聞くも、加害者を直接知る者はいなかったが、

医学部の学生だけが所属する体育会系の部活に入っている人だと聞いています」(19歳/女子学生)

 という声も。話を聞いた翌日の11月23日、昨日まで閲覧できた医学部のある体育会系の部のHPが閲覧不可能に。ツイッターも見ることができなくなってしまった。いったい、どんな部活なのか。

その部は飲み会がキツいことで有名。ピッチャーでイッキ飲みさせたり、全裸になったりは当たり前だという話です」(20歳/男子学生)