5つの賞を総なめしたEXO。左からセフン、チェン、チャンヨル、カイ、スホ、シウミン、ベクヒョン、D.O.、レイ (c) 2016 Melon Music Awards

 韓国の音楽サイト『MelOn』が主催する音楽祭『MelOn MUSIC AWARDS』(以下:MMA)が、韓国・高尺(コチョク)スカイドームで、19日に開催。8回目を迎えた今年初の授賞式の特別カットを、『週刊女性』が独占大公開!

 その年を彩る歌手が計23部門の賞を争うMMAに、今年は19組のアーティストが集結。それぞれのファンが持つアーティストカラーのペンライトが会場を明るく照らす中、5つの賞を総なめしたのは日本でも人気を誇り、ドーム公演を控えるEXO。「今年のアーティスト賞」「ネチズン人気賞」「男性ダンス賞」「カカオホットスター賞」と、ベクヒョンが「R&B・ソウル賞」を受賞した。

「みなさんがいなかったら、EXOは今ここまで来れなかったでしょう。今日とても幸せな1日を送っているのも、みなさんのおかげです」(ベクヒョン)

ベクヒョンが「この賞の重さほど、これからの活動をがんばります」と、涙ぐむ場面も

「今日ほど意味があった時間はなかったと思います。今、思うことはたったひとつ。ファンのみなさんとともに、10年でも20年でもずっと舞台に立てるアーティストになりたいです。愛しています!」(スホ)

 この日の大トリを飾った彼らは、6月に発売した3rdアルバム『EX'ACT』から『Monster』を披露。大歓声に包まれながらのパフォーマンスは鬼気迫るものを感じるほど。約4時間にわたりソウルの夜を熱く盛り上げたMMAは、大成功で幕を下ろした。

日本では12月7日に2ndシングル『Coming Over』をリリースする (c) 2016 Melon Music Awards