日本からは羽生とも仲のいい同期2人も出場し、田中刑事が3位に。9位の日野に対し、羽生は「もっとこいやって思っています(笑い)」

「非常にあたたかい空気の中で滑ることができました。(田中刑事の3位に)心からうれしいです。ただ日野選手、もっと来いや! と思います」

 11月26日、北海道で行われたNHK杯のフリーの演技を終えて、このように話した羽生結弦。ともに戦った同期の2人に“絶対王者”として、ちょっぴり口撃的(!?)なエールを送ったのだった─。

 今回も大台の300点超えをマークし、2位のネイサン・チェンに30点以上の差をつけての圧勝だった。

前回のカナダ大会のSPでは白い衣装を着ていましたが、今回は全身が淡い紫色で統一。まさかの衣装変更に、リンクに入って上着を脱いだときは観客から“わぁー”っと、どよめきが起こりました。

 本人は“イメージチェンジのため”と話していましたが、前回のカナダ大会でパトリック・チャンに追いつけなかったのが、よほど悔しかったのでしょう」(スポーツ紙記者)

 今シーズンのゆづクンといえば、4月に『左足リスフラン関節じん帯損傷』を患い、約2か月も練習ができない時期があった。所属先の城田憲子ANA監督はシーズン前に受けた雑誌のインタビューで、

《今季は休んでよいという気持ちで構えています。彼にこれ以上苦しんでほしくはありません》(『フィギュアスケート日本代表2016メモリアル』より)

 と体調不安を口にしている。だが、今回のNHK杯直前には彼女は記者団に対して、

「調子はよくなっている」

 と、カナダ大会よりも確実に状態が上向いていることに自信をのぞかせていた。