中村あゆみ

「『翼の折れたエンジェル』を発表した当時の声は、人生を重ねていないぶん、ハスキーだけどキュートね。舌っ足らずで。メイクさんに“このほっぺたが、イヤ”って言っていたのを思い出す(笑)。頬がパンパンだと、舌っ足らずな歌い方になるみたい。今回、ティッシュを口に含んで実験してみたらそうなったの。いまは、もうちょっとお肉が欲しいっていう感じになってきちゃったけど(笑)」

 '85年に日清カップヌードルのCMソングに起用された『翼の折れたエンジェル』で一世を風靡したのは、中村あゆみが19歳のとき。この曲で一躍スターダムに駆け上がった彼女も、今年で50歳に。

 節目の年を迎え、奇跡的に残っていた当時のオリジナルサウンドに、いまの声を乗せた『翼の折れたエンジェル(新録Version)』や、シークレットトラックとして12月6日に発表されたばかりの初のアコースティックバージョン『翼の折れたエンジェル -BALLADE-』。

 ほかにも、多くの人々から愛され続けている名曲『ちょっとやそっとじゃCan't Get Love』『ともだち』などを新たに歌い直した記念のアルバム『A BEST〜Rolling 50』を12月7日にリリースする。

「娘が高校生になって、やっと子育てが落ち着いてきたこともある。もう1度、青春を歩いていこう、始めようっていうところに精神状態があるの。そのスタートを切る50歳に出すなら、やっぱり自分を支えてきてくれた作品たちに敬意を表するとともに、これからもよろしくねっていう、過去と未来をつなぐ作品にしたかったし、そうなったと思う」

 未来の位置づけとなる新曲『オリーブの花』は、自ら作詞・作曲を手がけたもの。

  “ゲス不倫”という言葉が新語・流行語大賞のトップテンに選ばれるほど、今年、世をにぎわせた多くの不倫報道を目にしながら、“応援歌の女王”と呼ばれている中村が、傷つく女性たちに向け「寂しい、不幸を背負った女性になっちゃいけない。賢い人になりなさい」というメッセージを込めて制作した。