朝の報道・情報番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日系列)で共演する田中萌アナウンサーと加藤泰平アナウンサーの不倫疑惑を8日発売の「週刊文春」が報じた。これを受けテレビ朝日側は、“プライベートなことですので、お答えは控えさせていただきます”と回答するに留まったが、自身も今年3月に不倫を報道された乙武洋匡さんは“「プライベートなことですので」って、どの口が言ってんだよ。さんざん人のプライベートをいじくり回しておいて、いまさら何を言ってるんだか。”(12月7日Twitterより)とツイート、局の対応に怒りを露にした。乙武さんの意見、そしてまたしても炸裂する文春砲にフィフィは…?

「局アナはタレントではなく、会社員」

不倫発覚後、誕生日会で来場者に話をする乙武氏(オフィシャル写真)

 12月1日、今年の流行語大賞が発表されましたが、私のなかでの流行語大賞は、やっぱり“文春砲”かな。文春砲が世間を駆け巡った1年だったし、まだまだその勢いは止まらないんだなと、今回の不倫報道を聞いて改めて思いましたね。

 テレビ朝日のアナウンサー同士の不倫に関する局の対応に、乙武さんがお怒りのようですが、乙武さんがそれを言うのはちょっと違うよね。

 冷静に判断すれば、不倫をしていたという点では、乙武さんも今回のアナウンサーたちも同じ穴のムジナ。怒りの矛先が、たとえメディアの理不尽な対応にあったとしても、不倫を巡り乙武さんが彼ら及び局を批判することには違和感を覚えます。

 世間ではこのツイートを賞賛するような意見も見受けられるけど、メディア叩きって結構ウケるんですよ。気持ちはわからなくもないけれどね。

 そもそも第一、乙武さんの批判には、ひとつ大きな間違いがあると思います。

 それは、乙武さんはタレントだけど、局アナたちはあくまでも会社員であるということ。非常に微妙な立ち位置ではありますが、フリーアナウンサーで事務所に所属している身ではなく、局に勤める以上、契約上は会社員なんです。