'13年6月5日の新人戦(早慶戦)にスクラムハーフとして出場する櫻井修

 来年1月3日に放送される、新春大型ドラマ『君に捧げるエンブレム』(フジテレビ系)で主演を務め、相変わらずの活躍を見せる櫻井翔。そんな彼には、日本テレビを退社した妹のほかに弟もいることは周知の事実。

櫻井クンとは13歳も年が離れています。小学校から慶應で、大学はそのまま同大学の経済学部に進学。イケメンで、体格もよく、筋肉質なのが特徴です」(テレビ局関係者)

 兄と大学も学部も一緒なうえ、プライベートでも2人は仲よし。

「櫻井クンは弟をすごくかわいがっていますよ。今でも、毎年お正月にお年玉を渡していますし、弟は過去に、学校の合唱祭で嵐の曲を歌ったこともあるほど」(スポーツ紙記者)

 大学では、体育会のラグビー部に所属している。

中学からラグビー部に所属していて、高校時代には花園も経験しています。身長170センチ、体重65キロと小柄ながら、華麗なパス回しとボールさばきで注目を浴びました」(前出・スポーツ紙記者)

 6月に行われた早慶戦にも出場し、“嵐の櫻井の弟”としてメディアでも大々的に取りあげられた。

 兄の名に恥じない活躍を見せる彼も、今年で大学4年生。一部の学生の間では、彼の就職先が話題になっていた。

8月の半ばくらいに、電通に就職すると聞きました。内定式にも出席していたみたいだし、入社の意思は固いと思いますよ」(慶大の学生)

 さすがは、エリートぞろいで有名な櫻井一家。就職先もやはり一流のようだ。