12月2日発売の『FRIDAY』にて、違法薬物使用疑惑を報じられた俳優・成宮寛貴さん。報道直後には、事実無根であるとして法的措置を取るとの姿勢をみせていたものの、9日には、今回の報道が“複数の人達が仕掛けた罠”であり、“人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップ”されてしまったこと、そして“これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続ける”ことが堪え難いとし、芸能界を引退する意向であることを記した直筆メッセージをマスコミ各社に送付した。しかし、肝心の違法薬物を使用したのか否かについては、言葉を濁したまま。その態度にフィフィは…。

薬物問題からセクシャリティの問題への論点すり替え

'16年4月19日、ドラマ『不機嫌な果実』(テレ朝系)の制作発表に登壇した成宮寛貴

 私自身、常々マスコミ批判をしてきた側の人間ではあるけれど、今回の騒動で『FRIDAY』を責めるのは間違っていると思う。当初、成宮さんと事務所は『FRIDAY』に対し、強気の対抗姿勢をとっていました。だからこそ『FRIDAY』側は第二弾として肉声データを公表した。それなのに、今度は態度を一変させ、突然の引退発表。

 そしてその引退を告げる文書のなかでは、違法薬物使用について直接的には触れず、セクシャリティな部分をクローズアップされたと強調していました。

 だけど、私が記事を読む限り、成宮さんの言うセクシャリティな部分は憶測を呼ぶ程度の記述であり、少なくともクローズアップはされていなかったですよ。あくまでも焦点は、違法薬物使用疑惑に当てられていました。

 本当に違法薬物を使用していないのであれば、きちんと毛髪検査をするなどして最後まで対抗すればいい。あの文書だけでは、自らセクシャリティを利用して、違法薬物使用の問題からセクシャリティの問題に、論点をすり替えているように受け取られても仕方がありません。

 自分のタイミングとは関係なく「暴露」されて、世間に騒がれるのはたしかに気の毒だとは思います。しかも、世間が彼のセクシャリティな部分だけを見て、あるいはその生い立ちの面だけを見て「頑張っているのに可哀想」という感情を持ち『FRIDAY』を非難すること。これは一見、成宮さんを擁護しているようにも見えるけれど、何の解決にもなっていません。そして彼のタメになるとは思えませんし、さらに言えば彼と同じ境遇の人にとっても失礼なことなんじゃないかな。