カップめん、カレー、ポテトチップス……日本の国民食のあのウワサは本当だった? 食の“都市伝説”を検証します!

【カップめん】「どん兵衛」には東西のこだわりが凝縮

『日清食品』が販売する即席うどん『日清のどん兵衛』は、1976年の発売当初から、東西でつゆの味を変えているのはホントの話。

 広報によると、

「岐阜県の関ヶ原を境に、東西エリアに分けて販売してきました。東はかつおだしをベースにした濃い色の濃口、西は昆布だしをベースにした薄い色で薄口。全国展開のカップめんで、初めて地域別につゆの味を変えたのは当社です」

『日清のどん兵衛』は東西でつゆの味が違う

 そのこだわりはつゆだけじゃない。2002年から、おあげの味も東西の嗜好に合わせて変更。'14年から別添する七味も、東西それぞれのつゆの特徴に合わせてブレンドを変えている。

 反対に、東西で味の統一をしたのが、「U=うまい、F=太い、O=大きい」カップ焼きそばとして支持されている『日清焼そばU.F.O.』。

 '11年、発売35周年を記念し登場したのが東日本版。東日本のソース焼きそばの傾向を分析し「スパイス香る芳醇ソース」と銘打って中身を一新した。しかし翌年には、商品の特徴である「濃厚ソース」を強化する方向性で全国統一され、今に至っている。いずれにしても、おいしさの追求にかけては妥協しない日本のカップ麺、おそるべし!