「イカ焼き」「卵サンド」「桜餅」など、名前は一緒でも、地域によって似て非なる食べ物を一挙紹介!

【イカ焼き】東のイカ焼きはイカ焼きにあらず!?

 イカ焼きと聞いて、あなたはどんなものを思い浮かべる? 東西の違いを知らないままお店で注文すると、まったく違うものが出てきて驚くかも……。

東西の「イカ焼き」

 関東でイカ焼きといえば、イカの丸焼きのこと。しょうゆの焦げるにおいがたまらないお酒にも合う一品で、海の家やお祭りの出店、居酒屋などでよく見かける人気メニューだ。

 一方、関西のイカ焼きは、イカのゲソと小麦粉ベースの生地を2枚の鉄板でプレスしたもの。たこ焼きとお好み焼きとともに“3大粉もの”として知られるファストフードで、甘辛のソースと合わせていただく。

 関西人に関東版イカ焼きを出したら「それはイカの姿焼きやろ!」とツッコまれる可能性大。ご注意を。

【卵サンド】サンドイッチに厚焼き卵?

 サンドイッチの定番ともいえる卵サンド。

東西の「卵サンド」

 マヨネーズであえたゆで卵のサラダが入っているのが関東では一般的だが、関西の喫茶店ではどうやら違うらしい。

「関西の純喫茶の卵サンドは、ほとんど厚焼き卵入りのサンドイッチでしたね。神戸や名古屋、長崎や静岡でも、厚焼き卵タイプを出す店が多かったです」

 そう話すのは、全国の純喫茶を1600軒以上訪ねている『東京喫茶店研究所』2代目所長の難波里奈さん。

「私は冷たいマヨネーズが苦手なので、厚焼き卵のほうが好きです。厚焼き卵はアツアツでジューシー、想像以上に分厚く、パンより厚い店もあるほどです」

 最近は、京都の有名店が東京に進出、さらに全国展開のコンビニでも厚焼き卵タイプの販売がスタート。今、時代は関西風を求めている!?