正月恒例! 1月2日、3日に開催される、第93回箱根駅伝。テレビ解説でおなじみの碓井哲雄さん、かつて箱根路を走った経歴を持つ俳優・和田正人さんに気になるレースの行方を尋ねると……。

優勝候補の本命はズバリ、青山学院大。頭2つくらい、抜け出てますね。'16年は箱根をはじめ“学生三大駅伝”といわれる出雲駅伝、全日本大学駅伝でも優勝しています」(和田さん)

「1区から1度もトップを譲らず完全優勝した'16年ほどの強さはありませんが、エース・一色恭志選手(4年)が2区で先行すれば、独走態勢になる可能性も。'16年の優勝メンバーが6人残っていて、個人の持ちタイムを見ても、戦力はナンバーワン」(碓井さん)

青学大のエース・一色恭志選手の走りがカギ

待ったをかけるのは早稲田、山梨、東海?

 史上6校目の“箱根3連覇”を狙う青学大に、待ったをかけるのは? 2人がそろって挙げたのは早稲田大、山梨学院大、東海大。

早大、チャンスありますね。全日本では2位。アンカー勝負で敗れたとはいえ、7区まで首位をキープしてましたから」(和田さん)

主将の平和真選手(4年)が好調。新迫志希選手(1年)や永山博基選手(2年)もいい。全日本には主力の井戸浩貴選手(4年)や光延誠選手(3年)が出場していなかったので、調整がうまくいけば、6年ぶりの王座も見えてきます」(碓井さん)

 山梨学院大は出雲2位、全日本3位と着実に結果を残している。

大砲ドミニク・ニャイロ選手(2年)がいるので、ほかの選手がきちんと走れば頂点も狙えます」(碓井さん)

「上田健太選手(3年)ら全国高校駅伝の優勝メンバー('13年・山梨学院大学付属高校)がごっそり入学し、力をつけているので、おもしろい存在です」(和田さん)

 ちなみに上田選手は、山梨学院大・上田誠仁監督の息子だ。

山梨学院大の“大砲”ドミニク・ニャイロ選手