紅白のリハーサル中にモニターに映し出された緊急地震速報に会場は緊張感に包まれる

若手じゃないんだからさ、1回言ったら理解しろよ!

ここは歌手の方の導線ですから、あけておいてください!

飲食と喫煙以外は、こちらに立ち入らないでください!

 12月28日にNHKホールで行われた『第67回紅白歌合戦』の初日音合わせ。舞台裏では、冒頭のようにNHKスタッフが声を張り上げる場面が相次いだ。例年通り多くの取材記者が集まったが、リハーサルの様子はいつもと少し違っていたようだ。

「今までは、ホール全体をしきるスタッフが、出演者やほかのスタッフにマイクで指示を出していたのですが、今回はそのマイクを使うことがほとんどなかったんです。取材席に座っていても、何をしているのか、どういう状況なのか、わからないこともありました」(スポーツ紙記者)

 なぜこんなにも張りつめた空気感だったのかと言えば、26日に放送された『SMAP×SMAP』(フジ系)の最終回でグループとしての姿を見おさめることになった、“SMAPロス”によるものだったようだ。

“SMAPシフト”があると言われていた紅白でしたが、出演しないという回答が正式に発表されたのが12月23日。台本の組み直しなどで、バタバタしていたのかもしれません。

 この日のリハーサルでは、星野源さんのマイク不調、関ジャニ∞は3回も歌い直し、RADIO FISHが出演する場面の舞台転換が上手くいかず、40分以上出演者が舞台で待たされる場面もありました」(取材に当たった男性記者)

会見場であのポーズをする星野源

 音合わせを終えた歌手が順番に会見場へ訪れるが、ここでもかなりピリピリとした空気が感じられた。

囲み取材の場で記者が“今年はSMAPさんが出場されませんが……”と切り出すと、スタッフが“お時間ですので〜”と会見を終了してしまうんです。こうなることを察して、レコード会社の人たちと入念に打ち合わせしていました」(前出・男性記者)

 確かにこの日、SMAPと同じジャニーズ事務所で音合わせに訪れていたV6と関ジャニ∞は、最初から会見を行わないというアナウンスがなされていた。厳戒態勢で行われていた会見だったが、

ある記者がAAAの宇野実彩子さんに“Twitterで月曜日に、番組が終了して悲しいと呟かれていましたが、いかがですか?”と、SMAPという言葉をあえて出さずに質問をしたんです」(レコード会社関係者)