「これだけたくさんの人に見ていただいているので“べっぴん”(特別な逸品)のタイトルにこだわりつつ、すみれ(芳根京子)の気持ちを丁寧に描いていきたいですね」

 物語中で成長を続けるキアリス同様、平均視聴率が20%を超え、絶好調な朝ドラ『べっぴんさん』。新年を迎え、新たなステージに移る物語の見どころを、制作統括の三鬼一希チーフプロデューサーに聞きました。

ヒロインたちは戦争で“失われた青春”を、もう1回キアリスでやっているんです。針と糸を使って、自分たちが納得のいくものを作りあげることをやっているのが幸せなんじゃないかとすみれが気づき、家族もそれに引っ張られ、手に手をとって、みんなで幸せを実感するのかなと」

 会社も大きくなり、環境が変わってきたすみれ。気になる今後の展開については、

どれだけ周囲が変わっても、“好き”ということから逃げない芯の強さが、次の扉を開くという物語をお見せしたいです

ティーンエージャーは難しい!?

 第82回(1月11日放送)から時代は変わり、10周年を迎えたキアリスとともに、子どもたちが成長した姿で登場する。

「年月が流れて、すみれたちの4人だけではなく、2世代目の話もクロスしてきます。夢とは何か? 幸せとは何か? の問いかけが発端で始まる、母と子どものバトルにも乞うご期待です」

 高校に入学を決めたさくらと健太郎。1歳年上の龍一は、ふたりに大人の世界を見せてやろう、と『ヨーソロー』に連れていく。

さくら、健太郎、龍一が成長して三角関係になるんじゃないか、と思われている方もいらっしゃるかもしれません。でも、大きくなった彼らを見れば “それはないな” と思うでしょうね。だって、龍一くんがどうしようもなくダメダメな子なんですよ(笑)」(三鬼CP・以下同)

 五月に連れられ、二郎が演奏するナイトクラブに、ドレスアップして足を運んださくら。楽しい時間のあと、どんな騒動が起こる?

成長した子どもたち。左から小澤龍一(森永悠希)、坂東さくら(井頭愛美)、村田健太郎(古川雄輝)(c)NHK