昨年11月に撮影された右写真は内閣広報室提供(ロイター=共同)

【政治】トランプ大統領就任の影響

1月20日の正式就任で米国はトランプ色に染まる。米国に利益をもたらす話にしか乗らなくなる。安倍首相はトランプ次期大統領と27日に首脳会談を行い、強固な日米関係をアピールします。しかし、最終的には在日米軍費用の負担増を押しつけられる」

 と政治評論家の浅川博忠氏は話す。国内の米軍基地にお引き取り願う手もあるが……。

トランプ氏は“日本からカネを巻き上げた”という実績がほしいんです。米軍基地はなくなりません。安倍首相は憲法改正に向けた動きを加速させるでしょう」(浅川氏)

 ということは、米国にやられっぱなし。衆院解散・総選挙が噂される中、危険な憲法改正も現実味を帯びてくる。

【政治】小池都知事の正念場

 一方、国内で最も注目されるのは東京都の小池百合子知事。2月に都議会定例会を控え、夏には都議選がある。

「小池知事と都議会自民党は完全決裂状態です。ところが都議会与党を組む公明党が小池知事に近づいたため、都政は戦国時代の様相を呈してきました。小池新党が公明党と連携するようなことになれば、勢力図は大きく変わります

 とジャーナリストの大谷昭宏氏。小池氏の人気維持のポイントは、自民党籍の取捨選択にあるという。

「自民党籍を持ったまま新党結成はありえない。どこかでケジメをつけないとダブルスタンダードになり、信頼を失います。もうひとつの課題は“この人に任せたい”という有能なブレーンをつくれるかどうか。夏の都議選までに正念場を迎えます」(大谷氏)

 豊洲新市場への移転、五輪会場の経費など問題は山積。小池知事の覚悟が問われる。