毛筆で丁寧に書かれたお礼状。書家としても“雅冬炎”の名で活動している

 だが、出演者全員となると、そうとうな手間だと思われるが─。

大変よ。でも、大変って言ったら女がすたるよね。だって自分が決めたことだから。『バイキング』の場合は2時間くらいかな。気持ちとしてみなさんに心を込めて贈っているんです。テレビに出させていただいている限り続けていこうと思います。

 私の心意気、そして礼儀だろうと思う。それは、目上の方とか後輩とか関係なくね。私は共演者と一緒に食事行ったりとか、あまり必要以上にお付き合いをしないんです。でも、そのかわり、感謝の気持ちを込めてきちんとご挨拶だけは礼儀をつくしたいなと。意図的にやっているわけじゃなく、本当に気持ちなんですよね」

 感謝の気持ちを常に持ち続ける。それがIKKOが教える“美の秘訣”かもしれない。