恒例の新年一般参賀でも、体調はよさそうだった雅子さま(1月2日)

 “長期療養”が始まって13年が過ぎた皇太子妃雅子さまについて、「昨年の雅子さまは、海外訪問こそありませんでしたが、久しぶりの宮中祭祀や、初めての公務など活動の幅が広がり、今年はさらなるご活躍が期待できるかもしれません」と話すのはある宮内庁関係者。

 外務省出身の雅子さまは、“皇室外交”とも呼ばれる「国際親善」を志して皇室に嫁がれたとも言われるが、今年はその“念願”が叶いそうだ。

外国訪問をすることがなかなか難しいという状況は、正直申しまして、私自身、その状況に適応することになかなか大きな努力が……

 '02年に、6年ぶりの海外となったニュージーランド、オーストラリア訪問のときには記者会見で、そんな率直な気持ちを明かされたこともあった雅子さま。

 1993年のご成婚直後には、中東諸国を歴訪したが、'06年に静養目的でオランダを訪問された以外に海外渡航は限られたものに。

 そして'13年に、約11年ぶりの公式訪問でオランダへ。'15年には南太平洋の島国・トンガに行かれるなど、最近は訪問の機会が増えてきている。

 今年のご予定について、東宮職関係者が打ち明ける。

「日本と北欧・デンマークの『外交関係樹立150周年』名誉総裁に皇太子さまとデンマークのフレデリック皇太子が就任されています。

 周年行事の際は名誉総裁がそれぞれの国を訪ねることになっているので、皇太子さまも雅子さまを同行される可能性は高いです」