左=橋本明さん 右=渡邉みどりさん
 天皇陛下の学友・橋本明さんの近著『知られざる天皇明仁』出版のきっかけは、『週刊女性』記事でもおなじみの、1959年の両陛下のご成婚時から皇室の取材を続ける渡邉みどりさんだった。

 『美智子さまから 眞子さま佳子さまへ プリンセスの育て方』を執筆したばかりの渡邉さんが、自宅で橋本さんのかつての連載を“発見”。今回、書籍化が決まったという。

 陛下が「譲位」の意向を示された昨年、くしくも上梓された2冊の本の著者が、皇室問題やエピソードを語り尽くした。 

渡邉「橋本さんとのお付き合いは長いですね。'70年代の後半だったと思いますけど、日本テレビ時代の私が、共同通信の記者としてロサンゼルスにいた橋本さんに取材を申し込んだことがきっかけです。

 時差を読み違えて就寝中に電話してしまい、“なんて時間に電話してくれるんだ!”と橋本さんに怒られたのが最初でした」

橋本「そんなこともありましたね。渡邉さんとはそれから長い付き合いですよ」

─『知られざる天皇明仁』の出版のきっかけは?

渡邉「もともとは、昭和天皇の侍従長を長年務めた入江相政さんが橋本さんの連載(月刊誌『ざっくばらん』での「知られざる皇太子」)を保存していたようです。

 それが日テレの私の上司に渡っていたみたいです。のちに私が、昭和天皇崩御報道の総責任者を任されると資料として預かったのを、最近たまたま見つけました」

橋本「昨年8月には、陛下の『譲位』のお気持ち発表がありましたが、こんなタイミングで出てくるとは思いませんでした」

天皇陛下とケンカばかりしていた過去

─陛下との約75年の付き合いを振り返ると?

橋本「学習院で同級生だった陛下との関係を振り返ると、ケンカばかりしていた気がしますね」

渡邉「陛下が'53年にエリザベス女王の戴冠式に出席されるときに起きたトラブルで、陛下のほうから和解を申し出たときに橋本さんが突っぱねたのは、同級生同士ならではのとても興味深いものでした」

橋本「先日、宮内庁の河相周夫侍従長に今回の本を贈り10日後に“天皇陛下にお渡ししました”と電話が来ました。陛下に読ませていいか判断するために、まず河相さんが読んだのかもしれません」