現在撮影中の作品のために、髪色を変えたという綾野剛。「色を1回抜いた途中の状態で、明日染め直すんです」。というわけで、貴重な限定ビジュアルで登場! 撮影/森田晃博

「この『新宿スワン』は僕の代表作で、自分の可能性を引き出してくれた作品です。

 今の僕があるのもやっぱりこの作品があったからだと思います。僕は常に“次はない”という意識でやっていますが、初めて“次を考える喜び”というのを教えてくれました」

 綾野剛が金髪&天パーのスカウトマンの主人公・白鳥龍彦を演じ、大ヒットを記録した『新宿スワン』が、約2年ぶりに『新宿スワンII』として帰ってきた!(1月21日[土]公開) IIは続編? と思いきや、続編ではなく“新章”だと言い切る。

「前作は龍彦が、新宿歌舞伎町というミニマムな世界の中で一人前のスカウトマンへと成長していく物語。IIは進出を目論む新宿と横浜の男たちの“戦国物語”で、いわゆる“国取り合戦”なんです。前回は新宿編、今回は横浜編とまったくの別もの。Iが好きな人とIIが好きな人が分かれて当然で、むしろ分かれてもらっていいんです」

 と、ここで“IとII、どちらが好きですか?”と、記者に逆質問。会う人みんなに聞いているというが……。

「今のところ6割の方が、“IIのほうがいい”と。みなさん抗争劇が好きなのかも。僕? 僕は仕事柄、Iのほうが見やすいです。というのも、役者という仕事をしていると、主人公が成長していく姿をどうしても見てしまいます。ただ、映画館で見るなら断然IIです。迫力やダイナミックさはIとは比べものになりません。何より浅野忠信さんが圧倒的です」