舞台で輝きを放ち、生で会える(見られる)俳優が本当に仲のいい俳優を指名してトークする「生で会えるイケメンリレー対談」、通称“生イケ対談”連載。

 第2回は、宮崎秋人さんが井澤勇貴さんを指名! ここだけのトークをたっぷりお楽しみください。

*当記事では『週刊女性』本誌(2017年2月7日号)で収録しきれなかった対談を掲載しています。もっと読みたい方は本誌もチェック!

写真左から井澤勇貴、宮崎秋人 撮影/廣瀬靖士 ヘアメイク/Emiy 撮影協力/日本土地建物・京橋エドグラン 

――宮崎さんは包容力のある女性が好きだそうですが、そういうタイプは合ってると思いますか?

井澤勇貴 うん。それは納得できますね。

――井澤さんがどんなタイプが好きか分かります?

宮崎秋人 たぶん全部知ってると思います(笑)。すらっとしてる人でしょ?

井澤 僕、身長が180センチちょっとあるので、どっちかっていうと背が高い人のほうがいいなと思っていて。だから、すらっとしてる人っていうか、大まかに言うと、という感じになっちゃうんですけど(笑)。内面的には、やっぱりサポートしてくれる人がいいですね。身体の面でも精神的な面でも、何かしらケアをしてくれる人がいいなと思います。

――わがままが控えめな人がいい?

井澤 うん。

宮崎 そうじゃない?

井澤 フフフ。そうだね(笑)。

宮崎 アハハハハ!

――隠し事はなさそうですね。お互いを知りつくしている?(笑)

宮崎 知ってますよ。

井澤 知りつくしてるというか、何かひとつ出来事があると話すし、相談もしてましたね。仕事でもそうですし、プライベート的なこともいろいろ相談してました。

宮崎 相談されてました(笑)。

――今は家族のような信頼関係ですが、第一印象はどうだったんですか?

宮崎 男前だな~って思いましたよ。

井澤 僕は、会う前から舞台を観たりして、いろんな作品に出ている宮崎秋人を知っていたので、やっぱり肝っ玉が座ってるなと思いました。会ってみて、現場での居方(いかた)とか、共演者とのコミュニケーション能力にたけてるとか。周りに対してさりげない気遣いができる人なので、しっかりしてるなぁって。

宮崎 あざっす(笑)。あと、僕は初めての共演者で気になる人のことは、会う前に調べるんですけど。井澤の『AMNESIA(アムネシア)』のパスタの歌の動画に行きつきまして。そのパスタの歌を歌ってる井澤勇貴が好きすぎて。だから、やっと会えた気持ちが強かったですね。ほんとあれは名曲だよな?

井澤 アハハハ。2.5次元の舞台なんですけど、パスタの種類を言ってるだけの歌があるんですよ。

宮崎 そう。ただパスタの種類を羅列してる歌詞なのに、まーそれを上手にきれいに歌ってるもんだから、おかしくて(笑)。会う前からファンではありましたね。あの動画いまだに見てるもん。

2か月間の共同生活でほんとに仲良くなった

――その後、『メサイア-鋼ノ章-』のときに、井澤さんが宮崎さんの家に2か月間住んでいたと伺ってますが、そのいきさつは?

宮崎 単純に井澤の実家よりウチのほうが稽古場に通いやすいと思ったから、僕が誘いました。

井澤 「え!? いいのかな」ってなったんですけど、ありがたくお世話になりました。あのときは助けてもらいましたね。ご飯食べながら、お芝居についてもアドバイスもらったりして。

――どんな生活だったんですか?

宮崎 ずっと一緒ですね。

井澤 朝起きて稽古行って帰って寝ての繰り返し。で、オリジン弁当買って。

宮崎 うん。ちょこちょこオリジンパーティーしてたね。お惣菜いっぱい買って、もう食えないっていうくらいの量を(笑)。

井澤 オリジンパーティーしたなぁー。朝ご飯作ってくれたこともあったよね。

宮崎 ああ、そばね。つけ汁作って。

井澤 2か月間、1回くらいしか自宅には帰ってなかったですね。

宮崎 妹から、寂しい電話よく来てたじゃない。

井澤 フフフ。当時15歳の妹から「いつ帰ってくんの?」って。で「ちょっと今は忙しいから帰れないな~」ってね(笑)。

宮崎 仲いいもんね~井澤兄妹。1回、井澤の家に泊まりに行ったことがあるんですけど、妹とふたりでソファで毛布かけてテレビ見ながら、すこく仲よさげに話してるのを見て、「なんだこの兄妹??」ってびっくりしましたね。そんな仲いい兄妹見たことなかったんで(笑)。

井澤 そうね~。仲いいですね。普通に妹とふたりで出かけたりするんですよね。身長が173センチくらいあるんで、一度、彼女と間違えられたことあります(笑)。