'64年のご訪問で、プミポン国王夫妻から歓迎される若かりし両陛下

 80歳を越えたお身体で手術と持病に耐えながら、公務をされる両陛下に約1年ぶりの外国訪問が決定した。

両陛下は、2月28日から6泊7日の日程でベトナムとタイをお訪ねになります。

 初のベトナム訪問は友好親善が目的ですが、帰りにタイのバンコクに寄り、昨年88歳で亡くなったプミポン前国王の弔問をされることになりました」(宮内庁担当記者)

 ハードな海外訪問にタイのお立ち寄りが加われば、両陛下のご体調が心配されるが、今回は、両陛下たってのご希望だったという。

 陛下と故・プミポン国王との交流は、前国王夫妻が1963年に来日した翌年、昭和天皇の名代で、皇太子時代の両陛下がタイを訪問したときに親交が深まった。

日本の皇室とタイ王室との交流でいちばん印象に残っているのは、2006年に行われたプミポン国王陛下の即位60周年の記念行事です

 そう振り返るのは、元宮内庁東宮侍従長で、当時の駐タイ大使だった小林秀明さん。

その際に、両陛下はタイ王室と国民から大変な歓迎をお受けになりました。

 約30か国の君主がタイに招待されましたが、即位祝賀行事後の晩餐会には、両陛下だけを招かれたことは、皇室がタイの王室にとって特別な存在だということを示していると思います」(小林さん)

 両陛下は、皇太子同妃時代を含めてすでに7回タイに足を運ばれていて、一国の訪問回数としては最多だという。

 皇太子さま(56)が、'12年にタイをお訪ねになったときも、療養中だったプミポン前国王がわざわざ退院して、晩餐会を催したことも。