左から朝ドラ『べっぴんさん』に出演する松下優也、高良健吾 撮影/合田慎二

高良健吾「優也が収録から離れていた2か月間は、メールで連絡をとっていました。“いつ戻ってくるの?” “スケジュールは出た?”とか」

松下優也「高良くんが連絡をくれたのは本当にうれしかったですね。僕、ちょうど自分がメンバーのボーカル&ダンスグループ『X4』のPV撮影でNYに行ってたんですけど、そのときにメールをいただいて。“完成した(栄輔が姿を消す)回見たよ。すごくよかった”って」

 朝ドラ『べっぴんさん』に、あの栄輔(松下優也)が帰ってきた! 48話(11月26日放送)で、すみれ(芳根京子)への淡い思いを振り切り、姿を消した栄輔。“兄貴”潔を演じる高良健吾との対談、始まります!

松下「やっぱり2か月って、長いじゃないですか。再登場に向けて収録に入るとき、それだけ空いていると現場に入るのはドキドキするから(笑)、連絡をいただけたことに感謝です」

 10年の時間が過ぎ、神戸で人気のファッションブランド『エイス』の社長となった栄輔。85話(1月14日放送)で、ナイトクラブのきらびやかな照明の中、当時流行った『VANヂャケット』を彷彿させるファッションでさっそうと登場したシーンはインパクト抜群だった。

高良「あの場面は、僕も完パケを見たけど、潔として感無量でした。栄輔が自分の想像の何十倍もの姿で帰ってきた象徴だし」

松下「栄輔は、あの時代にみんながこぞって着たがったブランドの生みの親という役だから、自分はそんな人間を演じているということをすごく意識しましたね」

高良「あれだけ成功して、目の前に現れてくれて本当にうれしかった。潔としては、闇市のときに自分を支えてくれた栄輔の気持ちに、気づいてあげられなくてごめん、という思いがずっとあったんです。

 弟分として大切にしていたのはもちろんだけど、紀夫(永山絢斗)くんが戦地から戻ってきてからは、彼と『坂東営業部』に向かいすぎていたから」