ドラマ『下剋上受験』で母親役を演じる深田恭子 撮影/渡邉智裕

「結婚してお母さんになったらって、まだ想像つかないです。家族に関しても、たぶん旦那さんがどんな人なのかにもよると思いますし、こういう問題ではお母さんが言ったほうが効果的とか、本当にそれぞれのカタチがあるんだなって。母親役を演じると、よくそんなふうに考えさせられますね」

 昨年1月クールの主演ドラマ『ダメな私に恋してください』での愛らし〜いアラサー女子役が記憶に新しい深田恭子が、『下剋上受験』(TBS系 金曜 夜10時〜)で今度はママに。元ギャルの専業主婦・桜井香夏子を演じる。物語は、中卒の父と偏差値41の娘が最難関校中学を目指し奮闘した実話を基に描く、笑って泣ける受験ホームコメディーだ。

「完成した作品を見て、すごく人生について考えさせられました。もっと勉強しておけばよかったかなとかいろいろと。二人三脚で頑張っている親子の姿を見ていると、頑張れば夢は叶うとか、前向きな部分に元気づけられるし、励みになるんです。“今からでも何か始められる!”、そう感じていただけるドラマになればうれしいです」

 深田自身、小さいころはこんな子どもだったそう。

「すっかりお父さん子でした(笑)。娘ってお父さんに甘えたりしますよね。髪の毛を乾かしてもらったり、お魚の骨を全部取ってもらったり。あと交換日記もしてました。お父さんの帰りが遅いときは、“今日はこんなことあったよ”ってノートに書いて。今でも実家にあります。お母さんとは大人になってからのほうが仲がいいですね。いろんなところに出かけたりしています」