昨年、グループ結成10周年を祝ったBIGBANGからも、ついに最年長のT. O. Pが兵役に。さらに、JYJジュンスチャン・グンソクと日本でも多くのファンから愛されるスターが今年、入隊する。入隊組と同じように、今年は除隊するメンバーも豪華! 涙でしばしのお別れをしたキム・ヒョンジュン東方神起ユンホチャンミンが帰ってくる! 気になるあのスターたちの入隊・除隊エピソードをご紹介します。

BIGBANG最年長のT. O. Pが兵役に

T.O.P(BIGBANG)

《I'll miss you a lot. ありがとうございます、みなさん。本当にたくさん会いたくなると思います。会いたいという、その思いをとおして、より一層成長して帰ってきます》

 入隊前最後のステージとなったBIGBANGの香港公演(1月21・22日)。このときの客席の様子を撮影した動画と書き込みを自身のインスタグラムにアップしたT. O. P

 昨年末に開催された日本でのステージでも、

「今回のコンサートが、私の最後の日本になります。そう思うと、胸が痛くて苦しくなります。でも、みなさんとの出会いで私の人生は広がり、しばしの別れで私たちの絆はさらに深まると思います。また会うその日まで元気でいてください。愛しています」

 と、涙ぐみながら語り、会場からは、ファンのすすり泣きが聞こえていた。

 満30歳までに現役兵として軍務につく義務のある韓国。T. O. Pは、2月9日に義務警察へ配置されることが発表されている。

人気スターが続々と警察広報団を希望

 最近になって、“義務警察”という言葉を耳にするようになったという方も多いはず。'13年までは陸軍に“芸能兵”と呼ばれ、人気のあるスターたちが所属していた広報支援隊員制度があったが、隊員の規律違反が重なり、廃止となった。

 その後、昨年除隊した超新星ソンジェや、現在、任務についている東方神起チャンミンなどの人気スターが続々と警察広報団を希望。広報団のみある選抜試験を受けたのちに採用された。

 勤務期間は、陸軍と同じ21か月。地方にある陸軍の部隊と違い、都会にあることが多く、運転免許や資格を取得するなどの自己啓発が目的であれば、勤務時間以外に外出することも許されている。そんな魅力から志願者が急増している。

 日々の警察業務に参加するとともに、警察主催のイベントに出席し、得意の歌やダンスを披露する。ここ数年、人気タレントが所属してきたおかげで、警察のイメージアップにつながっているという。

多彩なBIGBANGのソロ活動

 話は戻るが、T. O. Pに続き、BIGBANGのメンバーで1歳違いのG-DRAGONSOLと続いてメンバーが入隊すると、長くて5年ほど5人そろったBIGBANGの姿を見ることができなくなる。

「すでに発表されていますが、メンバーのD-LITEが日本で初のソロドームツアーを行います。20万人を動員するツアーになるそうです。G-DRAGONSOLは、上半期に韓国でアルバムを発表し、ツアーも計画している。これまでと変わらない印象で日本でもソロ活動が続いていくでしょう。そうそう、V. Iは日本でラーメン店をスタートさせました。BIGBANGは、本当に多彩ですね(笑)」(音楽関係者)

 V. Iのとんこつラーメン店『アオリの神隠し』は、昨年12月にソウルで。1月21日には、東京・六本木に店舗をオープンさせ、連日ファンが行列を作っている。