例年、12月の藤村さんの誕生日には多くの人が『O'hyoi's』を訪れた。宴は夜遅くまで続いたという(塚田伸夫さん撮影)

 藤村俊二さん、いや“おヒョイ”さんが亡くなった。誰からも愛された粋人だったから、愛称で呼びたくなる。

舞台からヒョイッと消えてしまうことがよくあったことからつけられたあだ名です。この呼び名のとおり、軽妙な雰囲気を持った方でしたね。柔らかな態度を崩さない紳士でした」(映画ライター)

 '15年12月に『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)のナレーションを降板してから、療養生活を送っていたという。1月25日に入院先で息を引き取った。82歳だった。多彩な分野で活動した藤村さんだが、もともとは演出家志望だった。戦後すぐに父親が日本初の洋画封切館の『スバル座』を作った影響で、映画に興味を持ったという。

「早稲田大学文学部の演劇科に入学しますが、中退して東宝芸能学校に進みました。その後、日劇ダンシングチームのヨーロッパ公演に参加したことがその後の人生を変えたようです。しばらくパリに滞在し、本場のワインの味に出会ったそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 バラエティー番組でもスマートなトークを披露して人気だったが、俳優業でも、

「とぼけたキャラや重厚な空気をまとう老紳士の役もこなしました。貴重な名脇役としてオファーは絶えませんでしたね」(前出・映画ライター)

 藤村さんは食通としても知られていた。“美味しくないものは食べない”“これを食べるならここ”と、こだわりが強かったという。そば好きの彼がよく訪れた『室町砂場 赤坂店』の女将、松村ヨシ子さんに人となりを聞いてみた。

優しいという印象ですね。お連れの方に丁寧に料理の説明をしたり、“辛いの食べられる?”など優しい気遣いをされていました。ほかのお客さんに声をかけられたときも、気さくに対応してらっしゃいました

 62歳の誕生日にはかねてからの夢であったワインバー『O'hyoi's』(オヒョイズ)を都内に開店した。