『キリン氷結』と『明治北海道十勝スマートチーズ』をセットにした“スマ飲み”が定番に

「もとはメンバーが食べた、体験したことなどを追体験したい欲求から始まったそうです。それが今、ソロになった彼らを起用することで、“私たちはこんなにも商品を買いますよ”という、ファンによるスポンサー企業への購買アピールに変わってきているのです。つまりは5人の露出が増えていくほど、経済効果が上がっていくというわけです」(広告代理店関係者)

 元SMAPメンバーらがソロとして、それぞれ“あたらしい”道を歩き出して1か月半がたった。世間がSMAPのいない日常に徐々に慣れつつある中、ファンは人知れず5人を支え続けている。

解散した後ということもあって、ファンのみなさまによる“スマノミクス”という購買運動が起こっていると聞いています

 そう話すのは、中居正広がソロとして初めて出演したCM『氷結』を販売するキリン広報担当者。同CMで、力強くバットを振りながら「あたらしくいこう」と前を向く中居のセリフが印象的だ。

 担当者によると、昨年の氷結CM出演者のさかなクンと比較して1・3倍のツイッターでの口コミ、志村けんと比較して1・5倍のテレビ露出につながっているという。

またウェブではさかなクンが174件、志村さんが154件の記事が上がっていたそうですが、中居さんの場合は200件を超えているということです。またCM動画は1万回以上の視聴回数と、直近の情報としてあがってきています。(販売数の)正確な数字のほうはまだお伝えすることができないのですが、感触としてはそのよう(スマノミクスでアップ)にうかがっております」(キリン広報担当)

 そう、安倍晋三首相の経済政策を称した“アベノミクス”に由来する、SMAPファンによる購買運動“スマノミクス”が全国各地で発動しているのだ。

「昨年の解散騒動で起きた、ファンによる『世界に一つだけの花』購買運動は、これまでの売上枚数におよそ40万枚を上乗せさせてとうとう300万枚に届かせました。熱意はバカにはできません」(前出・広告代理店関係者)

 それだけではない。2月6日、読売新聞の朝刊で氷結の1面広告が掲載されると瞬く間に、駅やコンビニエンスストアの店頭で販売されていた同紙が姿を消したのである。