「ベビーカー論争」を追う

キャリアウーマン風の方に睨まれたので、(自分も)すごい睨み続けました。うちの子が何かしましたか? って

 1月28日の『訊きたい放題!』(TOKYO MX)でロンブー淳が怒りをぶちまけた。ある商業施設に行き、昨年10月に生まれた長女をベビーカーに乗せていたときの体験だという。

「ベビーカーに車載カメラつけてやろうかな。(睨みつける人が)どんな顔で見てるか自分で見ればいいと思って」

 淳がベビーカー問題を取り上げたのは、昨年末にベビーカーの利用自粛を呼びかけた都内の寺院が話題になっていたから。

“初詣で混雑するときは、ベビーカーでの入門をお断りする場合があります”という看板を出すと、“差別では?”“安全のために必要”と論争に。

 ただ寺にも事情があったんですね。57段の階段があり、ベビーカーでは移動が大変。それで専用の参道を設けていました。でも、1台に何人もの大人が同行するなどの悪質なマナー違反が続出してトラブルに。しかたなく自粛を呼びかけたそうです」(一般紙記者)

『ベビーカー自粛看板』でさまざまな意見が寄せられた都内の寺院。普段は閑静な雰囲気

 子育てママにとっては切実な問題を、世間の女性たちはどのように考えているのか、街の声を聞いてみた。

「郵便局に行ったとき、ベビーカーで順番待ちをしていると、 “邪魔だ!”と言われました。人が通るのに十分なスペースは空けていたんですけどね……」(20代)

 子連れの女性に対して、あからさまな悪意が向けられる現実がある。

「生まれて数か月の子どもをなぜ外出させるのか理解できない。病気になるのが怖くないのだろうか。昔は1歳になるまで外出はさせなかった」(70代)

「わがもの顔で電車に乗ったり、ベビーカーで道を占領したりするのはどうかと思う」(50代)