“顔面偏差値75グループ”に、今年から“むくわれないイケメンたち”のキャッチフレーズが追加された5人組のボーカル&ダンスグループDa−iCE。

 “むくわれない”とついたのは、彼らの曲に結ばれない愛を歌うものが多いから。5人が描く夢は次々にむくわれていて「1年前はできると思っていなかった」という今年1月の初武道館公演のチケットは即完売。会場に集まった彼らDa−iCE(さいころ)の6面目にあたるファン9000人を興奮、そして涙と感動で包み込んでいた。

 武道館を成功させ、次なるステージへの幕を開けた5人が発表したのが、3rdアルバム『NEXT PHASE』。

Da−iCE(左から:岩岡徹、花村想太、和田颯、大野雄大、工藤大輝)撮影/伊藤和幸

大輝「タイトルどおり、次の段階に進むということで、これまでやったことのない新たな挑戦をぎゅっと詰め込んだ1枚になっています」

 タイトル曲『NEXT PHASE』の歌詞は、メンバーでボーカルの花村が担当。

想太「このアルバムを象徴する曲になるので、書かせていただくのは楽しみであり、プレッシャーもありました。テーマに決めた“いままでと、これからのDa−iCE”を表現するために、メジャーデビューしてからのシングル10枚とアルバム2枚のタイトルを全部入れたんです。歌詞の内容が不自然にならないように、ひとつひとつの言葉の意味を改めて考えて」

 5人の表現力豊かでキレのあるダンスと、確かなボーカルを感じることができる曲に仕上がっている。6月からはこのアルバムを引っさげた全国ツアーがスタート。ファイナル公演は、神戸ワールド記念ホールという初のアリーナクラスに!

雄大「リアーナですね」

大輝「アリーナね(笑)」

雄大「武道館もそうだったんですが、発表されたばかりのころは、自分たちがステージに立つ姿がイメージできなかったんです。今回のアリーナもそうで、まだ遠いことのような気がしていて。やりたいことはたくさんあるので、その距離感であり、背伸びする部分を埋めていかないといけないなと思います」