田中要次 撮影/齋藤周造

「これまでいろいろなドラマや映画に出させていただきましたが、朝ドラは半年間という時間を使って、子どもから大人になり親になり、という時間をたどるドラマだから大変な仕事だと思います」

 キアリス4人組のひとり、良子(百田夏菜子)の夫・小澤勝二を演じている田中要次(53)。朝ドラへの出演は『ゲゲゲの女房』『あまちゃん』など6作目。レギュラーでは『純と愛』でホテル“里や”の板前・藍田忍を演じて以来の2作目となる。

 今回の『べっぴんさん』では、家庭と仕事の両方で良子を支え、厳しい父親として龍一(森永悠希)を育ててきた。

「息子の森永くんは龍ちゃんとして3代目ですけど、それまでの子役さんのやんちゃな感じを引き継ぎながら出してくれているので、僕も自然に接することができています」

 先週放送(第20週)で、龍ちゃんは世界を旅したいと言い出し、最初は猛反対していたけど最終的に良子と勝二も彼の夢を認めて送り出したけど?

「あの時代の親ならやっぱり反対するでしょうね。今となっては夢を持ってどこへ行こうが止められないけど、僕もサラリーマンから映画の世界に行くと言ったとき、親は泣くわキレるわ、物を投げるわという反応でしたから(笑)」

 そう語る田中自身も、異色の経歴の持ち主。高校を卒業後、国鉄そしてJR東海の職員として働いていた田中が、8年間在籍した職場を離れ俳優を志したのは'90年のこと。

 やっぱり龍ちゃんのような“夢”にあふれていた?

「そんな夢といえるほど、強気なものじゃなかった気がします。最後のひと勝負というか、賭けというか……。そうするしか自分の心の救いがないというかね。これでダメならしょうがないや、という気持ちのほうが強かったですね」