内村光良

 10周年記念スペシャルが2週続けて視聴率20%超えを記録した『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)。この怪物番組をはじめ、テレビレギュラー8本を抱える“ウッチャン”こと内村光良が絶好調だ。

「あれだけの大物タレントにもかかわらず、共演者に緊張感を与えないところがすごいです。若手にも“好きなことをやっていいよ”と懐が広いんです」(テレビ局関係者)

 それが視聴者にも伝わるのか、先日行われた『新入社員が選ぶ理想の上司ランキング』では、男性部門で初のトップに。タモリや池上彰よりも、多くの支持を集めた。

 そんな“理想の上司”に育てられた人には、あのジャニーズアイドルも!

「イモトアヤコさんやNEWSの手越(祐也)さんも『イッテQ!』に出たてのころはまだロケに不慣れでした。手越さんは一緒にロケに出ていた内村さんの立ち居振る舞いを手本にして実力をつけ、バラエティータレントとしての地位を確立したんです」(前出・テレビ局関係者)

 お笑い評論家のラリー遠田氏も、こう分析する。

優しくて高圧的になったりすることもないので、若手芸人が気を遣いすぎないですむのでしょう。何もしゃべっていなくとも、番組に流れる雰囲気がよくなっている感じがしますね。今のバラエティーは過激なことが年々難しくなっていて、マイルドな笑いが求められている時代。その点、内村さんはちょうどマッチしていると思います

 実際、バラエティー番組の制作現場ではこんな声がささやかれているようだ。

「内村さんと同じ“お笑い第3世代”と呼ばれてきたとんねるずさんやダウンタウンさんだと、現場がピリつくこともあります。内村さんの場合、いい意味で、緊張感がないからノビノビとできるのでしょう」(芸能プロ関係者)