古舘プロジェクト所属の鮫肌文殊、山名宏和、樋口卓治という3人の現役バリバリの放送作家が、日々の仕事の中で見聞きした今旬なタレントから裏方まで、TV業界の偉人、怪人、変人の皆さんを毎回1人ピックアップ。勝手に称えまくって表彰していきます。第16回は鮫肌文殊が担当します。

アキラ100% 様

 今回、私が勝手に表彰するのは、「見えるか? 見えないか?」全裸に股間をお盆ひとつで隠す丸腰刑事というインパクト抜群のネタで勝負する裸芸人、アキラ100%である。

アキラ100% 撮影/竹内摩耶

 去年の大晦日、あの『ダウンタウンの大晦日年越しスペシャル‼︎ 絶対に笑ってはいけない科学博士24時』(日本テレビ系)において弟子の(!?)原田龍二と「2人丸腰刑事」として登場。コンビで股間を隠し続け、「もしかして人気俳優の大切な部分が見えてしまうのでは?」と日本中をハラハラさせ、爆笑の渦に巻き込んだことは記憶に新しい。

 2月28日に行われる『R-1ぐらんぷり2017』(関西テレビ)ではファイナリストに勝ち残っている。もしかして優勝なんてしてしまったら、禁断の全裸芸がついについにお茶の間に「当たり前」のものとして受け入れられるかもしれないのだ。

 言っちゃなんだが、お盆で股間を隠すだけの芸である。コンプライアンス的には完全にアウトだ。しかし、シンプルであるがゆえに強い。おそらく日本語が全くわからないマサイ族の若者が見ても、南極のイヌイットの皆さんが見ても、絶対に日本人と同じところで笑うはずだ。非常にワールドワイドな芸なのである。