人の苦しみを高笑い! 悪女を超えた悪魔

 52年続いた東海テレビ制作の“昼ドラ”が、昨年4月“オトナの土ドラ”にリニューアルして1年。『真昼の悪魔』(フジテレビ系 土曜 夜11時40分~)は第1弾『火の粉』のスタッフが再結集し、病院を舞台にした心理サスペンスを描き、注目されている。

「放送直後に作品名が検索ランキングに入るなど、反響が大きく、驚いています」と、東海テレビの遠山圭介プロデューサー。

ヒロインの女性医師を演じる田中麗奈 (c)東海テレビ

 ドラマは遠藤周作の同名小説が原作。ヒロインの女性医師、大河内葉子を演じるのは、田中麗奈だ。医師役初挑戦の田中は、昨年2月に医師と結婚したが、夫からのアドバイスは?

「彼は人を救うけれど、私の役は人の苦しみを見て高笑いするような女医なので別世界かな」

 葉子は才色兼備で、患者からの評判もいい。ところが彼女は幼少期から感情が欠落していて、無感動かつ無道徳な裏の顔を持っていた。彼女は教会の懺悔(ざんげ)室で神父に、“人を傷つけても何とも思わない、悪への衝動が抑えられなくなる”と告白していた。

原作の葉子は、行動こそ悪魔的ですが、純粋で誰からも愛されるイメージ。そのイメージと確かな演技力から、田中さんにお願いしました。芸歴20年の田中さんですから、悪女などさまざまな役を演じたことがあると思いますが、葉子はまさに悪魔。悪女を超えています!」(遠山P、以下同)

 葉子が勤務する病院では、不審死や謎の事件、トラブルが相次いでいた。同院に緊急入院した作家志望の難波聖人(中村蒼)は、葉子に疑いの目を向ける。しかし難波は、親しかった清掃員や学生時代の先輩の医師に裏切られ、精神病棟に移されてしまう。

 キーパーソンで、視聴者目線にいちばん近い難波は、この先どうなる?

「これまでは葉子の怖さが前面に出ていましたが、今後は、サスペンスの要素が強くなっていきます。葉子の悪のアクセルが全開になり、葉子と難波の関係も激しく変わる。さらに病院スタッフはじめ、さまざまな人の心の闇が次々に露呈してきます

 第5話(3月4日放送)では葉子の神をもおそれぬ告白で、神父(伊武雅刀)が動きだす。