姿月あさと

「毎日の睡眠時間は、およそ3〜4時間。それで十分足りていると感じています」 

 こう話すのは、宝塚歌劇団の元「宙組」トップとして人気を誇り、現在は歌手として活躍する姿月あさと。

「夜は、眠くなるまで寝ようとしません。そのかわり、いざベッドに入ると、すぐにコテンと寝てしまいます。だから眠れなくて困ったことはナシ。日中に眠くて困ったこともないんです」

 短い時間でも質のよい睡眠が得られ健康が保てる、芸能界きっての“ショートスリーパー”なのだ。たった3〜4時間の睡眠で日常生活に支障は出ないのか?

「1日に必要な睡眠時間には個人差があるんです。5時間未満で足りるショートスリーパーと、反対に10時間以上の睡眠を必要とするロングスリーパーがいます」と『スリープクリニック銀座』の院長で睡眠障害に詳しい渋井佳代先生。

 ただ、実は自分でも気づかない睡眠ストレスを抱えているケースは珍しくない。はたして彼女は本物のショートスリーパーなのか? 検証すべく、事前に「睡眠ストレスセルフチェック」を解いてもらったところ、「心配なし。グッドスリーパーの素質十分」(渋井先生)という結果に。

「以前、テレビ番組の企画で睡眠時の脳波を測ったことがあるんです。すると、寝ついて数分ですぐに深い眠りに入っていました」

 と姿月。よりよい眠りを得るために、普段から自分なりの工夫をしているという。ベッドサイドには何も置かず、シンプルに。シーツやカバーにもこだわる。

「素材のよさを重視して選んでいます。着るものも、Tシャツ素材など肌触りがよく気持ちがよいと思うものを身につけるようにしています」

 眠る前に好みの香りのアロマスプレーを吹きかけるなど、リラックスのための環境づくりも欠かさない。 

「それと、身体を冷やさないよう、寝るときは手首・足首・首の3つにウォーマーを巻いています。冷暖房はほとんど使いませんね」